top of page

明日、仕事に行きたくない人が早く夢を叶える理由

横浜よりこんにちは!STM Voice Studio主催の嵯峨聖美です.

.

私は、明日、仕事に行きたくありません.

20代、舞台以外のお仕事の時はほぼこんな感じでした.

.

なぜなら、飲食店や事務など、私がやりたいこととは全く違う仕事をしていたからです.

私の本業じゃない!

.

より自分を活かせる仕事がしたい!これは私の仕事じゃない!

誤解のないように、飲食店を否定しているのではありません.

.

自分の使命とも言える天職に巡り会えた今も、嫌なことはあるし、やりたいことだけやるわけにはいかない.

人間関係だって、いろんな人がいますからね.

私はその点恵まれてきたようですが、ここにきてめちゃくちゃ馬の合わない人にも出会っています笑

.

それでも、自分をより活かせるステージへと着々と登ってきた実感はあります.

明日の仕事が嫌だというのも、ある人から見たら羨ましく、わがままな悩みだと思います.

.

なぜ、着々と登っていけるのか?

.

それは、「早くこの仕事を辞めたい」というネガティブな思考が大きなエネルギーになったからです.

.

人間は、こうなりたいという欲望より、こうはなりたくないという気持ちの方が大きなエネルギーを生み出すことがわかっています.

.

今の現実を受け入れたくないという反骨心は時に夢を叶える原動力になります.

私は、自分の理想を叶えられる人でありたかった.

.

今、全部が万々歳ではなく、現在も外部のお仕事において、葛藤するときはあります.

.

貧乏は己が生み出しているのに文句と愚痴ばかり言っている親類を見て嫌気がさし(私の父談)そんな人間には絶対なりたくないと思い、歯を食いしばって死に物狂いでがんばってきた私の父は53歳にして会社役員という異例中の異例を成し遂げ、さらなる挑戦に人生楽しそうです.

そして物質はついてきているだけで、心が豊かな人です.

.

私の友人は、絶対に20代でこれだけ稼ぐ!と決めて、現実にそうなりました.

外資系に勤めて現在もがんばっています.

原動力は、俺は小さくいたくない笑

.

私の舞台の師匠も新聞配達をしていた頃、同じように思い、俺はミュージカル俳優なんだ!この仕事は俺の仕事ではない!と必死に努力して劇団四季でキャリアを築かれました.

.

みんな○○になりたくない、ありたくない

.

です.

.

私は現実を受け入れられずに、現在の仕事にやりがいを見つけて正当化し、私は幸せと思うようにしていましたが、やがて、こんなはずじゃなかったと思ったりしました.

選択したのは自分、人生の一切の責任は自分にあるということに気がついたのは随分後になってからです.

.

思えば、私の同期で現在も第一線のミュージカルの舞台に出演している友人も、絶対にこうはなりたくないがあった人だなと.

.

明日仕事に行きたくない、こんなの私の人生じゃない、いつまでも理想から離れた生活をしたくないという気持ちは時に大きなエネルギーを生みます.

.

一番なりたくない自分はなんでしょうか?

.

私は、「自立していない大人」です.

精神的、経済的に自立し、いつ、どこにいて、何をしていても一切を自分の責任で舵を取り、幸せになっていきたい.

そのための自立は不可欠.

それでこそ、何があっても大丈夫.

と言える自分になれる.

だから、何かに依存している自分だけには絶対になりたくない.

もちろん、頼ることはするし甘えもする.

一人では生きていけない.

でも、強くありたいです.本当の意味で.

.

一人暮らしをしている今の方が、実家にいた時よりもなぜか心に余裕があります.

自分でやれるということは、自分自身を支える要素なんだとも気がつきました.

いろんな生き方があるから、これが正しいというのではなく、私はこうということ.


今いる場所がいたくなければいたくないほど、早くそこから抜け出せる可能性は高く、夢を叶えます.

.

反対に、今いる場所がなんとなく居心地も良くて、可もなく不可もなくという状態であると、理想に近づくのは困難となります.

.

人間は変化を避ける生き物なので.

.

ここには書けないような嫌なことや悩みが私にもあるけど、すべて自分を鍛え、強くしてくれるものだから、感謝ですね.

.

そんな気持ちでがんばりたいと思います.


それでは、新年度もがんばりましょう♪

スタジオでお待ちしております♪








閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page